紫外線を防止して美白を目指すためには

お肌の白さを保つには、紫外線防止が重要です。紫外線にさらされた肌は、しみやくすみが多くなってしまうためです。

紫外線が強い季節というと、5月~9月の暑い時期という印象があるかもしれませんが、実際は一年じゅうずっと紫外線は降り注いでいます。

紫外線が強い時間は、できるだけ屋外には出かけないということが、日焼け防止効果を得るためには必要になります。

大体10時から14時の間が、紫外線が強くなっている時間帯です。1日に地球に届く紫外線の半分の量が、この時に来ているといいます。

とはいえ、日中に一切外に出ずに過ごすことはなかなか困難でしょうから、日焼け止めクリームでお肌をガードすることが大事です。

塗った直後ではなく、塗ってからしばらくしてから効果があることが、日焼け止めクリームの特徴です。

日焼け止めが十分に効果を発揮できるようになる前に日焼けをすると意味がありませんので、早めに日焼け止めを塗るといいでしょう。

日焼け止めクリームは、ちょくちょく塗り直しが必要です。日焼け止めクリームの効果は永続性があるものではありませんし、夏は汗をかくと流れてしまい、効果が得られないということもあります。

つけ直す頻度は、3時間に1回を目安にできれば確実性が高まります。紫外線によって受けた肌のダメージをいち早く回復させるには、ビタミンCを含むスキンケア用品が効果があるといいます。

紫外線の作用から肌を守り、肌の白さを維持するためには、美容成分であるビタミンCを有効に使いましょう。

シミ 消す